中古車をリースして車を利用する2つのメリット

カテゴリ

注目記事

カレンダー

2018年11月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メンテナンス

ここ数年で中古車をリースして車を利用する人が増えてきています。中古車をリースする時は一定の契約期間があるので途中で解約する事が出来ません。また事故を起こして車を破損させてしまうと弁償しなければいけないリスクもあります。それで不都合に感じてしまう人も中にはいますが、メリットになる点もあります。
そこで中古車をリースして車を利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。まずはじめにメンテナンスをする必要がなくなります。車を所有している時は車検、定期点検などを受けなければいけませんし、洗車などお手入れも自分でする必要があります。それで時間が経過すると面倒に感じてしまう人も少なくありません。しかし中古車をリースするとメンテナンスをすべて任せる事が出来るので面倒に感じている部分を省く事が出来ます。
それで気軽に車を利用する事が出来ます。次に費用を安く抑える事が出来ます。車を所有する時は購入費用や維持費などがかかるので多額の出費が出てしまいます。それで生活が苦しくなってしまう事も少なくありません。しかし中古車をリースすると購入費用や維持費などが不要になります。また自動車税を支払う必要もなくなるので経済的に大きなメリットになります。特に経済的にあまり余裕がない人は中古車をリースする方が適しています。

残価設定

自動車のリース契約は、ローン契約とは異なり、高額な金額を金融機関から借入せずに済みます。そのため、少ない資金で自動車を保有できるサービスとしてメリットがあります。ですが、リース契約の特徴に注意しなければ、中古車を買い取る金額以上になってしまうことにも繋がってしまいます。特に中古車をリースした場合、リース契約が終了する時点で車両がリース会社に引き上げられます。
つまり、支払った金額が高くても、手元に自動車が財産として残らないことになります。例えば、中古車をリースした場合、契約時にその車両が購入できる分だけの金額を支払っても、自動車が残らず、損をすることになります。そのため、中古車をリースする場合は、リース契約する金額が車両価格よりもトータル的に低いかどうかで判断することがポイントです。
ディーラーでは、購入方法として残価設定型ローンを取り扱っているものの、リース契約がこの購入方法と混同していることも少なくはありません。中古車をリースする場合は、残価設定とは異なる点にも注意が必要です。もし、自動車をリース契約する場合は、新車でリースした方がトータル的にお得になることもあります。中古車で費用を抑えたい場合は、比較的販売された年数が近いものを選んだ方が、将来的なデメリットも無くなります。

Copyright(C)2017 中古車をリースする理由とメリット All Rights Reserved.